公的マネー投入 株価つり上げに66兆5000億円    アベノミクス 異常事態‼

 アベノミクス(安倍晋三政権の経済政策)によって国内株式市場に投入されている公的資金の時価総額が6月末時点で66兆5000億円に達していることが7日までにわかりました。東証1部の時価総額に占める比率も3月末時点の10・0%程度から10・3%程度に増えています。国内株の1割を公的資金が占め、株価をつり上げる異常事態です。株式を買い入れている公的資金は、日銀と年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)です。(8月8日付けしんぶん赤旗より転載)

c0282566_21422085.jpg




by tokusannmi | 2018-08-08 21:45 | お知らせ | Comments(0)