2018年 10月 28日 ( 1 )

 尼崎の中学校給食の完全実施を求める会は「中学校給食を自校調理、親子、兄弟方式を組み合わせ、一日も早い実施を求める署名」に取り組んでいます。この署名を市民にさらに広げるために、10月27日()午後、阪神尼崎駅前中央公園で、参加者が仮装するハロウィン集会とパレードをしました。

 「会」代表の有田小夜子さんは「市民意向調査やパブリックコメントでは、7割以上の市民は自校調理と親子方式を組み合わせて一日も早い実施を望んでいる。私たちの署名を受けて市長が中学校給食実施を表明したのは4年前、そして給食実施はさらに今から4年後の計画、いつまで待たすのか」と訴えました。そして若いお母さん、中学校の先生などが発言。前日、市長選へ出馬表明した流目しげる・民主市政の会代表委員も激励しました。その後、三和・中央商店街をハロウィンパレードして市民に「一日も早く安心安全な中学校給食を」と訴えました。
c0282566_07022237.jpg


ハロウィンパレードパレード参加者



c0282566_06524475.jpg




中央商店街をハロウィンパレードして訴える


c0282566_06530495.jpg




参加者を激励する流目民主市政の会代表