2018年 11月 03日 ( 3 )

 田能遺跡顕彰事業・田能遺跡まつりが11月3日()午後に行われ参加しました。このまつりは49回目を迎え、田能遺跡供養塔前で開催されました。
 田能遺跡は1965年9月に工業用水道園田配水場建設工事現場から大量の弥生土器、石器や碧玉製管玉、白銅製釧、銅剣鋳型など貴重な遺物をはじめ、木棺墓、土器棺墓などが発見され、当時まだ不明であった近畿地方における墓の形態や埋葬状況が明らかになり、弥生時代の社会のくらし、文化などを解明するものとなりました。

 そして遺跡の一部が保存され、出土品収蔵展示する田能遺跡資料館や住居や高床倉庫、墳墓などが復元されました。そして田能遺跡まつりが毎年開かれてきました。まつりでは参加者で田能遺跡おどり、炭坑節、新尼崎音頭などを踊り、私も途中から踊りの輪に加わりました。
c0282566_16061246.jpg



私も加わった総踊り


c0282566_16053064.jpg

c0282566_10435153.jpg
c0282566_10441487.jpg

 日本共産党市議団が毎回定例議会後に行っている議会報告の宣伝行動、今回は市政を変えようと奮闘されている流目茂・民主市政の会代表委員、高橋正吾・党防災対策責任者と一緒に宣伝をしました。

 午前は流目茂さんと市議団でJR立花駅南から阪急武庫之荘駅北、蓬川住宅前、三和商店街北、午後は高橋正吾さんも加わり阪急塚口駅、JR尼崎駅北、JR尼崎駅南、阪急園田駅北、杭瀬商店街で宣伝しました。

 それぞれの宣伝場所には地域の後援会の皆さんがビラ配布、「流目さん頑張って」「中学校給食は自校調理方式で」「今の市長は商店街のことは考えてくれない」タクシーの運転手さんから「出身は流目さんと同じ牟岐町や頑張って」と激励を受けました。
c0282566_10311158.jpg



JR尼崎駅南で流目茂さん、高橋正吾さんと




c0282566_10312029.jpg




阪急園田駅前で中学校給食の早期実現を