2018年 11月 07日 ( 2 )

 「学校給食の完全実施を求める会」はこれまで中学校給食を自校調理・親子・兄弟方式を組み合わせ1日も早い実施を求める署名を集めてきました。
 「求める会」の代表は11月7日(水)午後、この間に市民から寄せられた1万877人分の署名を稲村和美市長に提出し、安福
章・秘書室長が応対しました。

 市は中学校給食基本計画を策定し動き出しています。この計画では、給食センターにより1日1万1千食を調理するもので、2022年実施となっており、市民の中では「いつまで待たされるのか」との意見が渦巻いています。これまで中学校給食に対する市民意見募集では7割の市民が自校調理、親子方式等を求めていました。大阪府高槻市では自校、親子方式を採用して3年間で18校全校実施しています。尼崎市も自校調理、親子方式、兄弟方式を組み合わせ1日も早く実施するよう求めています。この署名提出には市長選挙に立候補を予定している尼崎民主市政の会の「流目茂」さんも参加しました。
c0282566_18530766.jpg




中学校給食の完全実施を求める会代表の皆さん



c0282566_18531831.jpg







署名提出を行う参加者


尼崎市営住宅の入居者募集が行われています。

募集期間 11月16日()まで

募集内容
 一般向住宅  85戸

 特定目的住宅  6戸
      (心身障害者・シルバーハウジング・車いす世帯)

 特別募集住宅  5戸(中堅所得者向け住宅)

 店舗       13戸

申し込み方法 郵送による申し込み(16日消印、20日必着)

お問い合わせはお気軽にお電話ください

  日本共産党市議団 ☎6489-6070

  徳田みのる事務所 ☎6482-2325
    (現在は流目事務所になっています)

c0282566_09111796.jpg