2018年 11月 10日 ( 2 )

いよいよ11月11日()が尼崎市長選挙の告示日です。尼崎民主市政の会の流目茂さんといっしょに市政の流れを変えようと訴える。
c0282566_22325340.jpg





杭瀬商店街で訴える



c0282566_22330432.jpg










地域でハンドマイク宣伝


 阪神水道企業団議会として11月9日(金)に行われた施設視察に参加し、大阪市東淀川区にある大道取水場と尼崎市南塚口町にある尼崎浄水場に行きました。

 大道取水場は淀川から水を取り、尼崎市田能にある猪名川浄水場へ導水しています。取水に際してはごみを取り除き、油などが入らないように、最新機器と「生きた魚」を使って監視されていました。

 尼崎浄水場は2001年からに全面的に更新され、淀川取水場から送られた原水を凝縮沈殿池に送られ、その後オゾン処理でカビ臭や有機物質を分解し、活性炭吸着槽、ろ過池を経て、きれいな水が浄水池に貯留され水道水となって各家庭に送られています。土地の有効活用で浄水池の上に大型商業施設が営業しています。この施設からでる雑水が浄水池に入らないかと質問しましたが「大丈夫」との回答ですが、将来コンクリ―トの劣化などにより雑水が浄水池に浸み込みしないか心配です。

大道取水場全景(左)と取水口(右)
c0282566_08020905.jpg

c0282566_08025588.jpg










尼崎浄水場コントロール室(左)と凝集沈殿池(右)
c0282566_08141632.jpg
c0282566_08142979.jpg