人気ブログランキング |

 日本共産党の志位和夫委員長は「内閣府による景気動向調査は6年2か月ぶりに悪化した。家計消費や実質賃金の動向などから景気が悪化していると再三の指摘を無視して予算を通した安倍首相の責任は重い。政府が景気悪化を認めるもとで消費税増税をしたことは過去に一度もない。10月からの10%増税は日本経済にとって自殺行為だ、増税中止を」と語っています。
5月17日のしんぶん赤旗より

c0282566_05590907.jpg


 阪神土建労働組合尼崎支部創立50周年記念式典・祝賀会が5月19日(日)都ホテルニューアルカイックで開催され、庄本悦子県議と共に出席しました。

 阪神土建労働組合尼崎支部は1969年1月に約300人の組合員で結成され、現在は2000人を越える組合員を擁する組織に発展しています。

 私は「尼崎民主商工会事務局で働いていた時には、建設業許可基準問題や住宅修繕窓口設置など様々な課題で阪神土建労働組合尼崎支部と一緒に運動してきた。消費税増税などにより建設職人をめぐる環境は厳しくなっている、ともに奮闘しよう」とあいさつ、川原雄二支部長さんなど役員の皆さんと懇談しました。
c0282566_20574846.jpg






祝賀会会場で庄本県議と



c0282566_20575879.jpg








阪神土建労働組合役員の皆さんによる鏡開き

 5月18日(土)午前、浜地域の後援会の皆さんとハンドマイク宣伝をしました。
 「安倍首相は、自衛隊員募集に6割の自治体が協力していないと言っている。自衛隊員募集の名簿提出を求めているが、尼崎市は住民基本台帳閲覧を認めている。名簿提出はもとより閲覧も個人情報保護のため絶対に認められない。
 中学生のトライやるウィークで自衛隊での職業体験を、昨年市内3中学校で実施した。戦争法が制定されて以降、自衛隊の活動は大きく様変わりし、自衛隊に入ったら戦場に行かされる危険性が高まっている。子どもたちの自衛隊体験をやめさせよう。

 いま自治体まで巻き込んで、戦争する国にしていこうとしている。安倍9条改憲を、参院選でストップさせよう」と呼びかけました。
c0282566_06462044.jpg




神崎団地の前で後援会の皆さんと訴える

 兵庫県自治体問題研究所総会の記念講演が5月18日(土)午後、神戸勤労会館で開かれ参加しました。講師は、立命館大学の平岡和久教授が「自治体戦略2040年構想と地方自治・地方財政」と題して講演をしました。

 平岡教授は、「国は高齢者人口がピークを迎える2040年に顕在化する課題を解決するために地方行政体制のあり方見直しを進めている。行政サービスを標準化、クラウド化、アウトソーシング、公共施設マネジメント、AI・RPAの活用、行政の広域化などで財源の抑制を図ろうとするもの」と報告しました。

すでに尼崎市でも窓口業務の民間委託など市業務のアウトソーシング、PFI方式による事業推進、公共施設の削減、市バスの民営化などが先取り的に進められ、これをもっと大規模にして進めようとするものです。また平岡教授は「こうしたシナリオは一部の3大手企業の利益になるかもしれませんが、市民サービスの低下や災害リスクの増大などが懸念される」と指摘しました。
c0282566_06275325.jpg




自治体2040年問題を報告する平岡教授


 5月17日(金)JR尼崎駅南で定例の朝宣伝をしました。「今年10月から消費税率10%への引き上げを、保育の無償化のためには仕方がないと思われる方もあります。保育の無償化は増税とは関係なくただちに実施すべきだ。保育料が高く、保育所に入れなくて困っている0歳から2歳児保育は対象外で、真の無償化とは言えない。大企業への優遇をやめ中小企業並みの課税を、富裕層の株取引の優遇をやめれて財源を確保し、真の保育の無償化を」と訴えました。
c0282566_07330258.jpg






5月17日JR尼崎駅南の朝宣伝


 日本共産党尼崎市議団と「中学校給食の完全実施を求める会」の代表は、5月15日に豊中市の走井学校給食センターを視察しました。同センターは、市内21小学校の給食、1日1万3千食を製造、運営は直営でされていました。パンとご飯は委託製造、アレルギー対策として、半製品は使われてなく、唐揚げ、カレーなどは最初から作っています。もう一つの原田給食センターは昨年4月より調理、配送、配膳業務を委託ており、必ずしも委託が安くならないと報告されていました。

 尼崎の中学校給食は1日1万1千食を調理する給食センターを旧若草中学校跡に建設し、2022年1月開始をめざして進めています。尼崎のセンターは市直営ではなく、民間事業者が設計・建設し、所有権は市に移すものの、維持管理運営も引き続き民間が行うPFI方式で進めようとしています。すでに整備運営の要求水準書案が示され、6月に事業者の選定が始まります。
c0282566_22380656.jpg




走井学校給食センター視察の参加者




c0282566_22382537.jpg






煮炊きの調理室


c0282566_22384568.jpg







試食もしました




c0282566_22390484.jpg






アレルギー食対応の食缶

 5月12日、日曜日の午後、たいへん暑い中でしたが短時間、後援会の方と杭瀬地域をハンドマイク宣伝を行いました。
c0282566_21125022.jpg





杭瀬団地の前でハンドマイク宣伝


c0282566_17053406.jpg
c0282566_17054458.jpg